白髪染め専門店のデメリットを知って、私が選んだ最善の方法

ハートを持つ女性
しまうまくん

しまうまくん
これまで髪を染めるお店といえば美容院が一般的でしたが、少しづつヘアカラーを専門的に行うお店が増えてきています。
たくさんの魅力、メリットがある反面、実は見過ごせないデメリットもあるのです。
それを知って、私が最終的に選んだ最善の方法を紹介する記事です。

白髪染め専門店とは?

美容室

カットはせず、髪を染めることに特化したヘアカラー専門店です。

美容院から、髪を染める設備、サービスだけを切り出したお店というと解りやすいでしょうか。

一口に白髪染め専門店と言っても、白髪を専門としている店から、黒髪へのヘアカラーを含めた全般を取り扱っているお店、ヘッドスパも行なっているお店など、様々なタイプのお店があります。

ですが、共通している特徴、メリットは同じです。

【特徴1】 美容院より安い!

財布とお札

料金の相場は、おおよそ美容院の半額程と、かなりリーズナブルです。
美容院よりも、グッとお得な価格で髪を染めることができます。

料金の相場(目安)
根本染め2,000円程
部分染め1,000円程
全体染め2,500円~3,500円程
髪の長さで料金が変わるところが多い。
ショート2,500円、ロングヘア3,500円程。

 

【特徴2】掛かる時間は60分程

時計美容院と違ってカラーリングする時間だけですから、その分早めに終わります。

ちなみに、髪のセットもサービスに含まれず、セルフブロー方式がとられているところが多いです。
ドライヤーはもちろん、ムース、ワックスやスプレーなどの整髪料が用意されており、自分でスタイリングするという仕組みです。

【特徴3】染めるのは専門の美容師

ヘアカラー

安いからといって、素人作業ではありません。
美容師免許を持っている、美容師さんが染めてくれます。

家で自分でヘアカラーするより、綺麗な仕上がりになるのは疑いようもありません。

ヘアカラーを専門的に行っているお店、美容師さん達ですから、美容院の仕上がりより期待できるかもしれません。

どんな人が利用しているの?

はてな

美容院より安く、短く、品質も変わりませんから、様々な人が利用しています。

特に、伸びてきた根本の白髪もしっかり染めたい、プリン状態は許せないという、美容への意識が高い人に人気です。
白髪のないヘアスタイルを維持するため2〜3週間に1回くらいの頻度で通う人が多いそうです。
確かに頻繁に通うなら、それだけ価格は大切になってきますからね。

私が最終的に選んだ白髪ケアの方法

提案する女性

メリットたくさんの白髪染め専門店なのだから、当然、利用しているんでしょ?と思われるかもしれません。

でも、私は白髪染め専門店に通い続けることはしませんでした

これから、その理由について説明していきたいと思います。

白髪染め専門店のデメリット

ダメ

【理由1】面倒くさい

まず、1時間かかるという点が、わたしには辛くありました。

たしかに店内にいる時間は1時間程かもしれませんが、出掛ける準備と往復時間を考えると、かなりの時間を消費してしまうのです。

正直なところを言うと、面倒くさいのです。

【理由2】髪・頭皮の傷み、健康懸念

悩んでいる女性

また、白髪染め専門店には、実は見過ごせない大きなデメリットがあります。
それは、『ヘアカラーを使っている』ということです。

え、どういうこと?それって普通のことでしょ?と思うかもしれませんが、ヘアカラーって将来を考えるなら、出来るだけ避けた方が(回数を減らした方が)いいものなんです。

ヘアカラーは、髪がよく染まるという反面、

  1. 髪を傷める
  2. 頭皮を傷める
  3. 健康被害の懸念がある

という問題があるのです。

ヘアカラーの仕組み

ヘアカラーは、1剤と2剤を混ぜて化学反応させた混合液を髪に塗ることで、髪のキューティクルを開き、髪の内部に酸化染料を浸透させ、メラニン色素を脱色しつつ、同時に色を定着させるという仕組みです。

このとき、酸化染料による脱色が、髪を傷めてしまうのです。

また、刺激性のある混合液が頭皮に付着すると、炎症やかぶれを起こしたり、アレルギー反応を引き起こすこともあるのです。

さらに、酸化染料であるジアミンなどは、致死量を持つ猛毒でもあります。
使う度に、少しづつ頭皮から吸収されていく危険性(健康懸念)が危惧されています。
欧州の一部の国では使用が禁じられているところもあるほどです。

この問題を無くすことはできない

もちろん、プロの美容師が染めてくれますから、品質のよいヘアカラー剤を使って、できるだけ髪が傷まないよう、頭皮に付かないようしてくれるでしょう。

家で自分でヘアカラーするよりも、格段にうまくやってくれるのは間違いありません。

でも、この問題を消し去ることはできません。
特に、伸びてくる根本の白髪を染めるのですから、頭皮への付着は諦めるしかありません。

そんなヘアカラーを、短い頻度でずっと使い続けたら、どうなってしまうでしょう。

私が選んだ方法

提案する女性

白髪染めトリートメント(ヘアカラートリートメント)をご存知でしょうか?

髪と頭皮にやさしく、白髪を染めることができる家庭用の商品です。
トリートメント成分もたっぷり、美髪になれる白髪染めです。

それが、最終的にわたしが選んだ答えです。

染まらないやつでしょ?と思われた方、
それは半分正解、半分間違いです。

確かに、登場して間もなくの頃は、染まらない白髪染めなんて言われていましたが、今は違います。

年々進化していて、最近は染まりにこだわった優秀な商品があるのです。

ただし、ほんのりとしか染まらない商品が多数あるのも事実。
商品選びはとても重要です。

結論から言うと、次の2つの商品がおすすめです。

これまで20種類以上の白髪染めトリートメントを試してきた結果からの結論です。

マイナチュレルプルプ
マイナチュレ カラートリートメントルプルプ ヘアカラートリートメント
茶色ならコレ!
業界初のオールインワンケア!
レビュー・口コミ
迷ったらコレ!
知名度抜群の大人気商品です。
レビュー・口コミ

 

白髪染め専門店からヘアカラートリートメントに変えた結果

髪を触る女性

面倒さが解決!

白髪染めトリートメントは、髪の表面を着色するヘアカラートリートメントですので、シャンプーする度に少しづつ色落ちします。
そのため、綺麗な髪色をキープするために、週1回くらい染めていく必要があります。

でも、必要な時間は5~10分程度
使い方も手軽で簡単ですので、面倒さを感じることなく、トリートメント感覚で白髪をケアができています。

仕上がりも満足

染まり、トリートメント効果ともに優秀な商品を選んだため、満足の仕上がりです。
週1回使っていますから、伸びてくる根本の白髪も常に綺麗な状態です。
また、トリートメント成分が潤いのある髪にしてくれています。

費用面もお得に

優秀な白髪染めトリートメントは、1本3,000円程です(公式サイトから定期購入すると割引があり、もう少し安く買えます)。

髪の長さ、染める頻度にもよりますが、月に掛かる金額は、2,000円~4,000円程です。
部分染めならもっと安くすみます。

白髪染め専門店よりも、リーズナブルに白髪ケアができるようになりました。

しまうまくん

しまうまくん
手軽に、綺麗に、お得に白髪ケアをしたいと思っている方、『白髪染めトリートメント』を試してみてはいかがでしょう?
白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カラーバター

カラーバターで白髪は染められる?

ハートを手に乗せている女性

白髪染めトリートメントのメリット!美髪に選ばれる理由とは

「白髪染めヘアダイ」の特徴

白髪染めヘアカラーのデメリット!自分はハゲないと思ってませんか?

ヘアチョーク

ヘアチョークは黒髪もOK!ハイライトで白髪ぼかしに使える

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーの特徴とデメリット!こんな人に向いてます