白髪染めランキング!
迷えるしまうま
白髪隠し

ラッチェ カラーオンリタッチをレビュー!口コミもチェック

ラッチェ カラーオンリタッチ

マスカラタイプの白髪かくし『ラッチェ(LUCHE) カラーオンリタッチ』のレビュー記事です。

シマウマ
シマウマ
実際に使って感じたメリット・デメリットなどをまとめました。

ラッチェ カラーオンリタッチとは?

ラッチェ カラーオンリタッチ

ラッチェ(LUCHE) カラーオンリタッチは、山本美材が販売するマスカラタイプの白髪かくし。

サっと塗って2~5分程乾かすだけで、白髪を隠すことができます。
但し、効果は一時的。
シャンプーすれば色が落ちる、1日限りの一時着色料です。

ちなみに、発売元は山本美材ですが、製造元はサロンドプロなどを展開する有名メーカーのダリヤです。
本商品のいわゆるOEM商品のようですね。

ラッチェ カラーオンリタッチ商品表示

特長

ポイント

メーカーが謳う特長は次の通りです。

  1. 細部も塗りやすいアーチ型ブラシ
  2. 使う度に徐々に白髪が染まり、2~4回の使用で白髪が目立ちにくくなる
  3. 汗や水に強く、色が落ちにくい
  4. ごわつきの少ない自然な仕上がり
シマウマ
シマウマ
はえぎわ白髪のリタッチに向いた白髪かくしです。

レビュー!実際に使ってみました

今回使ったのは、ラッチェ カラーオンリタッチのダークブラウン色です。

ラッチェ カラーオンリタッチの外観

グレー色のシンプルなケース。
業務用のような主張のないデザインですね。
おしゃれ感はありません。

大きさは、長さ13.5cm、太さ2cm程。
手のひらサイズで結構大きく感じます。
ただ、軽いのでバッグに入れてしまえば持ち歩きにも問題ないサイズです。

ケースは立てて保管できるつくりになっています。

ラッチェ カラーオンリタッチの底と先端

キャップ側の先端に丸みがあり、逆向きには立てれないようになっています。
これは、ブラシ側に染料が集まって液だれしないようにという理由からかもしれませんね。

ちなみに、このケース。
どこかで見たことがあるぞと思ったら、サロンドプロの女性向け白髪隠し「カラーオンリタッチ」と全く同じケースでした。

違いはロゴだけ。
ブラシの形まで全く一緒です。

ラッチェ カラーオンリタッチとサロンドプロ カラーオンリタッチ白髪かくしEXの比較

製造元がサロンドプロを展開するメーカーのダリヤなので、ケースは共通利用なのでしょうね。

シマウマ
シマウマ
デザインと形状は、サロンドプロ カラーオンリタッチと全く同じものでした。
次は、実際に使っていきます。

使いやすさ

使い勝手

ラッチェ カラーオンリタッチは、白髪用のヘアマスカラ。
付属のブラシで染料を白髪に塗るという使い方です。

待ち時間は、2~5分が目安です。
ヘアマスカラの一般的な待ち時間と同じですが、もう少し速乾だと嬉しいところですね。

ブラシはクルクルと回してスッと抜けます。
何度も使いましたが、液が飛び散ったりはありませんでした。

ブラシの先端はアーチ状。ブラシ幅は約2.8cmです。

ラッチェ カラーオンリタッチのブラシ

生え際や細部の白髪に塗りやすいブラシです。
地肌にも付きにくいところが、なお良いですね。

商品名の通り、白髪のリタッチに力を発揮してくれる商品です。

シマウマ
シマウマ
生え際が塗りやすいへマスカラです。

仕上り

仕上がり

自分の白髪、白髪サンプル(白髪50%)に使ってみました。

自分の白髪に使った結果

ラッチェ カラーオンリタッチの仕上がり(生え際の白髪)

色付きはよい方ではありませんが、色合いは自然です。
数回塗ることで、白髪をしっかり隠すことができました。

近くで見ると、少しツヤが出てテカテカとする仕上がりです。

マスカラタイプということで、固まりゴワつきもあります。
さわるとパリパリします。

少し違和感はありますが、鏡くらいの距離から見れば気付かない程度ではあります。

ちなみに、染料にはアルコール臭がありますが、乾いてしまうとほぼ無臭です。

白髪サンプル(白髪50%)に使った結果

ラッチェ カラーオンリタッチで染めた白髪サンプル

白髪サンプルで見ても、白髪を目立たなく隠せていますね。
髪が曲がったりクセが付いてしまう程には固まってはいませんが、やはりパリパリ感はあります。

シマウマ
シマウマ
パリパリな仕上がりです。

色落ち(色移り)

色落ち(こすれ)

ラッチェ カラーオンリタッチは、サッと塗って白髪を隠せる一時着色料。
簡単で便利ですが、水性ペンで塗っているようなもの。

色落ち・色移りしてしまわないかが気になってしまいますよね。
どのくらい色が落ちてしまうものなのか、ティッシュで擦って確認しました。

試したのは、次の2つの状態の髪です。

  1. 完全に乾いた髪
  2. 霧吹きで水気を付けた髪
ラッチェ カラーオンリタッチの色落ち

乾いた状態での色落ちはかなり少なめです。
こすると少し色移りしますが、手でさわるくらいならほとんど分からない程度です。

ただ、水気が付くとダメですね。
かなり色落ちします。

乾いているか濡れているかで差が大きいです。

スポーツをしたり等で汗をかく日、夏場での使用は気をつけた方がいいですね。

シマウマ
シマウマ
乾いた状態の色落ちは少なめですが、水には弱いです。

ここがスゴイ!3つのメリット

OK実際に使って感じた3つのメリットです。

  1. 塗りやすいアーチブラシ
    生え際や細かい部分に塗りやすいブラシです。
    地肌にも付きにくいです。
  2. 自然な色合い
    色付きはよい方ではありませんが、色合いは自然です。
    数回塗りつければ、白髪をしっかり隠すことができます。
  3. 乾いた状態なら色落ちしにくい
    完全に乾いていれば、色移りしにくいです。
    手でさわるくらいなら、ほとんど色は付きません。
シマウマ
シマウマ
サロンドプロの女性向け白髪かくしに似たメリットがあります。

注意点もあり!3つのデメリット

ダメ

実際に使って感じた3つのデメリットです。

  1. 塗った箇所がパリパリする
    固まり、ゴワつきがあります。
    塗ったところがパリパリになります。
  2. 仕上がりに少し不自然感あり
    離れてみると自然ですが、近い距離で見るとツヤやテカりに少し不自然感があります。
  3. 水気に弱め
    水気を含むと色落ちしやすくなります。
シマウマ
シマウマ
水気への耐性が気になります。

みんなの口コミ

30代女性
30代女性
出掛ける前にすぐに使えて便利です。
乾いてしまえば触っても大丈夫です。
40代女性
40代女性
触っても色はほとんど落ちませんが、ゴワツキがあります。
パリパリになってしまうのが気になります。
40代女性
40代女性
塗りやすくて使いやすいです。
乾いていれば大丈夫ですが、汗をかくと色が落ちやすいです。
50代女性
50代女性
塗った部分が固まりますが、クシでとかせば馴染みます。
毎日使っていますが、使う度に髪が染まってくるような気がします。

まとめ

ラッチェと評価レーダーチャート
参考価格1,078円
内容量15ml
ダークブラウンナチュラルブラウンライトブラウン

ラッチェ カラーオンリタッチは、生え際に塗りやすいアーチブラシ採用のヘアマスカラです。

色付きはよい方ではありませんが数回塗りつければ、気になる白髪をサッと隠すことが出来ます。

完全に乾いてしまえば、色落ちはかなり少なめです。
ちょっと触るくらいなら気になりません。

香りは控えめで無臭に近いところも使いやすいポイントです。

ちなみにケースとブラシは、サロンドプロ カラーオンリタッチ白髪隠しEXと全く同じ。
それもそのはず、販売元は違いますが、製造元はサロンドプロを展開するダリヤです。

外見は全く同じですが、中身はちょっと違うようです。

ラッチェ カラーオンリタッチは、少しだけパリパリ感を抑えられているように感じます。
代わりに水気に弱くなっている印象です。

どちらが良いかは好み次第ですね。

 

ラッチェ カラーオンリタッチは、サッと塗るだけで白髪を隠してくれる役立つ商品。
ひとつ持っておくと便利です。
でも、これだけで白髪をケアしていくのはちょっと無理があります。

髪にやさしく、手軽に白髪ケアをしていくなら白髪染めトリートメントとの併用がおすすめです。

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレカラートリートメントの使い方・効果をレビュー!口コミもこのレビューを見れば全てがわかる!白髪サンプルを使用した染まり検証、メリット、デメリットなど、本音で辛口レビューしています。カラートリートメント業界初のオールインワンケアで髪の悩みをまとめて解決!...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプの使い方・効果を辛口レビュー!口コミもこのレビューを見れば全てがわかる!白髪サンプルを使用した染まり具合の写真、色落ち検証、使い勝手・使用感の評価、メリット、デメリットなど、本音で使い方・効果を辛口レビューしました。みんなの口コミも参考にしてください。「ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント」であなたの白髪の悩みを解決できるかも! ...

簡単染まるダメージ0
白髪染めシャンプー・トリートメント
根本、生え際、分け目の白髪対策にも!

イチオシの白髪染めトリートメント
黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る