ショートヘアの白髪染め! 選び方から染め方のコツまで

ショートヘア

ショートヘアは白髪世代に大人気

シャンプーやドライヤーなどのヘアケアが楽なこと、毛先の痛みが気にならないことから、白髪世代にはショートヘアが大人気です。

年齢があがるにつれて、ショートヘアの女性の割合は増えてきます。

ショートヘアは、白髪染めが楽?

白髪染めをセルフで行う場合、ショートヘアならではのメリットは、

  • 染める作業の手間が少ない、時間が掛からない
  • 1回あたりのコストが安い

などがあげられます。

しかし、ショートヘアには、ショートヘアならではの問題があります。

  1. 根本、生え際の白髪が目立つ。
    ショートヘアは髪が短いため、伸びてきた根本、生え際の白髪がより目立ちます。
  2. 自分では確認しづらい、後頭部や襟足などの白髪も目立つ。
    自分では気づかなくても、周りの人から見たら白髪がいっぱいというケースも。

ショートヘアは、伸びてきた白髪を早めに、頻繁に染めていく必要があるのです。

ショートヘア向きの白髪染めの条件

ショートヘアには、ショートヘアに向いている白髪染めを選ぶ必要があります。

頻繁に使えること

ショートヘアは、根本や生え際、自分では見えづらい後頭部や襟足の白髪が目立ちますので、頻繁に使える白髪染めであることが重要です。

頻繁に使うために大切なのは、

  • 髪と頭皮にダメージ与えないこと
    短い間隔で使うということは、髪や頭皮のダメージも増えていくということです。
    せっかく白髪が染まっても、その髪自体が痛んでしまっては、元も子もありません。
  • 簡単・手軽であること
    面倒な手順が必要な白髪染めだと、頻繁に使うことが億劫になってしまい、最後には止めてしまうかもしれません。

です。

一般的に白髪染めと言われる、白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)は、髪と頭皮へのダメージを与えてしまう上、染めるのも面倒ですので、頻繁に使うのには向きません。

頻繁に使うために、髪と頭皮にやさしく簡単・手軽 な白髪染めであることが最重要。

 

ボリュームが出ること

加齢によって、髪の量が減ったり、髪が細くなったりと、髪のボリュームがなくなって来ます。
ふんわりした方が、若々しく、白髪も目立ちにくくなります。

髪にハリやコシが出て、ボリュームがでることも重要。

 

明るめのカラーがあると、より良い

一般的に、ショートヘアは次のような印象を持たれています。

ポジティブな印象ネガティブな印象
上品、洗練、明るい女性らしさが少ない、がさつ

女性らしい柔らかい印象にするために、茶系の明るめの髪色にする方も多いのではないのでしょうか?
また、短い髪だからこそ、思い切って明るめの髪を選択した方もいらっしゃるかと思います。

ロングヘアより、ショートヘアの方が明るめカラーを選択される方が多い印象です。

明るめのカラー展開もあると嬉しい。

 

ショートヘアにおすすめの白髪染め

ショートヘアの女性におすすめしたいのは、『白髪染めトリートメントです。
ショートヘア向きとして挙げた、これらの3つの条件を満たします。

  • 頻繁に使える
    髪と頭皮にダメージを与えません。
    使い方も簡単、手軽です。
  • 髪にボリュームが出る
    トリートメント成分配合ですので、使う度に髪がしっとり、ツヤツヤに。ハリやコシ、ボリュームもでます。
  • 明るめのカラーがある
    明るいカラーを取り揃えている商品もあります。

使い方

この白髪染めトリートメント、使い方には次の2種類があります。

 乾いた髪に使う

シャンプー前の乾いた髪に塗り、10~30分程待って洗い流すという使い方です。

乾いた髪に白髪染めする場合、白髪の場所が分かりやすく、染めたいことろに的確に塗ることができます。

白髪染めトリートメント(乾いた髪用)を使うタイミング

濡れた髪に使う

シャンプー後の濡れた髪に、コンディショーの代わりに使い、5分程待って洗い流すという使い方です。

濡れた髪に白髪染めをする場合、入浴時に使える手軽さがあり、頻繁に使うのが苦になりません。

白髪染めトリートメント(濡れた髪用)を使うタイミング

 

それぞれの使い方にメリットがあり、それぞれのデメリットをカバーできます。

ショートヘアの方には、どちらの使い方もできる白髪染めトリートメントがおすすめです。

 

ショートヘアを染めるときのコツ

染める作業が楽なショートヘアですが、以下の点をご注意ください。

  • もみあげ、分け目、襟足に、たっぷり塗る
    髪が短いため、髪が浮きやすいです。髪が短く浮きやすい箇所は、白髪染めトリートメントを少し厚めに塗りましょう。
  • 後頭部、襟足もしっかり塗る
    後ろから見ると、後頭部や襟足の白髪も目立ちます。塗り忘れないようにしましょう。

 

おすすめの商品

ショートヘアの方には、この2つをお勧めします。
乾いた髪、濡れた髪のどちらにも使えるタイプの白髪染めトリートメントです。

カラー展開が豊富なレフィーネ

レフィーネと3回染めた髪

赤っぽい茶色やアッシュ系の色など、個性的なカラー展開が特徴のレフィーネ。
もちろん、正統派なブラック、ダークブラウンなども取り揃えてあります。

ヘッドスパが出来る程、髪や頭皮に優しいので、安心して使用できます。

染まり具合や使用感などのレビューは、「レフィーネ トリートメントカラー【体験レビュー】」をご覧ください。

公式サイト・購入はこちら

 

ハリ、コシアップで髪にボリューム ルプルプ

ルプルプヘアカラートリートメントと3回染めた髪

育毛成分も含み、ハリ、コシがでるルプルプはショートヘアにおすすめです。
染まり、色持ちも良くコスパ的にも大満足の商品です。

もっと詳しいルプルプのレビュー「ルプルプ【体験レビュー】」もご覧ください。

公式サイト・購入はこちら ↓

≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

髪のきれいなロングヘアの女性

ロングヘアの白髪染め!手軽でキレイに美しく

ミディアムヘアの女性

ミディアムヘアの白髪染め!選び方のポイントとオススメ

ツーブロックの髪型の男性

ツーブロックの白髪染め選び!おすすめと使い方のポイント

坊主ヘアの男性

坊主頭の白髪染め~短い髪もしっかり染める方法~

ハイライトをセルフカラーするコツ

ハイライトの髪をセルフカラーする簡単テクニック