【メンズ白髪染め】後悔ゼロの選び方!身だしなみも大切にするデキる男へ

スーツ姿のハンサムな男性

歳をとれば白髪が混じってくる。
そんなの当たり前。
だからといって、放置しては残念なおじさんに一直線です。

染めるにしても、商品選びを間違うと、やっぱり残念なおじさんルート突入してしまいます。
ここが大事な分岐点です。

シマウマ

シマウマ
「失敗、後悔は絶対にしたくない!」というメンズ向けに、白髪染めの選び方を解説します。

 あなたの白髪はこう見られている

ショックを受ける男性

まず、はじめに。
これは言っておきたいです。

白髪には良いイメージもあります。

例えば、ロマンスグレーって言葉。
ダンディなおじさまっていう感じですね。

それに、白髪になる人はハゲないなんて言われていたりもします。

ここまで聞くと、
じゃあ、俺の白髪このままでもいいじゃね?
むしろ、カッコイイ?
と思いたくなりますよね。

でも、違うんです。

ケアしてない白髪は、清潔感なく見えます。
ごま塩、白髪特有のパサつき。
きつい言葉にすると、汚らしく見えてしまうんです。

そんなの避けたいじゃありませんか。

それに、印象ってとっても大切なんです。
仕事でも、私生活でも。

印象の良い人、悪い人では、同じことをしても扱いが変わります。
不条理ですが、それが真実です。

だから、白髪を染めるんです。

白髪染めヘアカラーは安易に選ぶな

バツ印を作る男性

さて、白髪を染めようと決意したとします。

でも、白髪染めについて最初から詳しい人なんていません。
だって、今まで使ったことないんですから。

だから、みんな同じ落とし穴にはまります。

疑うことなく、お店によく置いてある白髪染め、CMをやってる白髪染めを使ってしまうのです。

こういうのです。男性向けの白髪染めヘアカラー

そりゃそうです。
これだけ知名度があれば、誰でも当然のように使ってしまいますとも。

だけど、これは「ダメ、絶対! 」です。

これらの白髪染めはヘアカラーなんです。

別に、ヘアカラーを悪いものと言うつもりはありません。
けれど、デメリットをしっかり知らないと、絶対に後悔してしまいます。

白髪染めヘアカラーはしっかり染まるがメリットです。
でも、代わりに髪と頭皮にダメージを与えてしまいます。
髪を染めたことがある人なら知っていると思いますが、あのピリピリとする感じです。

結果、こんな風になってしまうリスクが心配されています。

はげ頭

ちょっと、このリスクは背負いたくありませんよね?

白髪は無くしたい。
でも、飛びついたら負けです。

なんとなくで決めたら、髪が泣きます。
泣くくらいならいいですが、愛想尽かして離れていくかもです。

寂しい頭になるのは、ご勘弁ですよね。

白髪染めヘアカラーについては、記事「白髪染めヘアカラーのデメリット!自分はハゲないと思ってませんか?」にまとめてあります。

 

染まらない白髪染めトリートメントも避けたい

ちょっと待てのポーズをする男性

「白髪染めヘアカラーのデメリットは知ってる。
だから、白髪染めトリートメントを使おうと思っているよ。」という人もいると思います。

正解です。
白髪染めトリートメントは頭皮や髪を傷めずに、白髪を染めることができるのです。

ちなみに、白髪染めトリートメントは、白髪用のヘアカラートリートメントやカラーリンスとも言ったりします。これらは同じものです。

白髪染めトリートメントの詳しい特徴やメリデメについては、記事「白髪染めトリートメントのメリット!美髪に選ばれている理由とは」にまとめてあります。

 

さて、男性の強い味方となってくれる白髪染めトリートメントですが、実はピンキリ色々あります。
染まりにこだわったものから、淡く薄い色がつく程度のものまで。

お店でよく見かけるのは、ゆっくり淡く染まるタイプのものが多いですね。
例えば、メンズビゲン カラーリンスルシード カラーリンスなどです。

メンズビゲンカラーリンスと評価レーダーチャートルシードスピーディカラーリンスと評価レーダーチャート

これらは、しっかり染まるタイプじゃありません。
期待して使うと、ちょっとガッカリしてしまうかもです。

それもそのはず。
安価で、白髪を徐々に目立たなくするがコンセプトの商品なんです。

これはこれで良い商品です。
でも、せっかく貴重な時間を使って染めるのですから、効率良くいきたいですよね。
仕事、私生活に忙しい男性ならなおさらです。

使うなら、しっかり染まる白髪染めトリートメントです。
白髪は染まるし、時間を無駄にしません。

選ぶべきは、この白髪染めトリートメント!

これまで数十種類以上の白髪染めトリートメントを使って評価してきました。
ほんと色々な商品があります。

その数多ある中から、メンズならこれだ!というものを3つ厳選してご紹介したいと思います。

白髪メンズの諸君、選ぶべきはこれですよ。

ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプヘアカラートリートメントと評価レーダーチャート
男性は、黒色に染めるという人が多いですよね。
このルプルプは、品の良いブラック色が特徴です。

黒髪に染めるなら、ルプルプです!
メンズに一番おすすめしたいのはこれですね。

おすすめポイントはこれだ!
・育毛成分入り
・染まり&コスパの高さ
・大人気商品という安心感

レビュー記事

 

マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレオールインワンカラートリートメントと評価レーダーチャート
茶色に染めるなら、マイナチュレです!

ブラウン色に特化した商品で、カラー展開はブラウンとライトブラウンの2色のみ。
少々高額なのですが、染まりは最強クラス。
初めて使ったときは、びっくりしましたよ。

おすすめポイントはこれだ!
・ブラウンに特化
・最強クラスの染まり
・これ一本でオールインワンケア

レビュー記事

 

ラボモ カラートリートメント
ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントヌーボーと評価レーダーチャート
時短を求めるなら、ラボモです。

待ち時間3分という、使い勝手の良さが魅力です。
染まりは、ルプルプやマイナチュレには及びませんが、なかなかです。

白髪は染めたい。でも時間は短く!という要望に応えてくれます。

おすすめポイントはこれだ!
・待ち時間は最短の3分
・染まりもなかなか。
・安心のアートネイチャー

レビュー記事

 

ちなみに、白髪染めトリートメントってジャンル自体、女性によく売れるものなので、女性を意識した広告になっている商品も多いです。

でも、白髪染めトリートメントは男女兼用です。
男性も女性もみんなが使っています。
シャンプーなんかと一緒です。

だから、一切気にする必要なしです。思う存分に使い倒しちゃってください。

最後に

男性は二極化します。
残念な人と、魅力的な人に。

どちらのルートが良いかは、もう決まっているようなものですよね。
白髪の染め方ひとつで、これからの人生が変わるかもしれません。

未来の自分を想像してみてください。
笑顔の自分でしたか?

もしそうなら、選ぶべきは、しっかり染まる白髪染めトリートメントです。

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

50台女性

50代女性の白髪染めは、染まりとボリュームを重視!

シニア

高齢者の白髪染めは、簡単・安全なものに見直しが必要

20代女性

20代女性の白髪には、原因アプローチと染めるのWケア

NO!レッドカード

白髪混じりの40代男性に警告!このまま清潔感のないおじさんになるつもり?

未来への扉

20代男性にオススメの白髪染め!今も未来も考えた賢い選択

50代男性

50代男性の白髪染め!ダンディなオジサマになるために