専門家が教える【初めての白髪染め】失敗しないポイント&選び方

初心者マーク
シマウマ

シマウマ
いざ、初めて白髪染めをするぞ!という人向けに、白髪染めマニアであり毛髪診断士でもあるシマウマが失敗しないためのポイント・選び方を解説する記事です。

自分にも遂に白髪が生えてきた。
まだ少しだけな気がするけど、どうなんだろう。

誰かに指摘されないかな?
指摘される前に、どうにかしたい。
もう指摘されちゃったから、早めにどうにかしたい。

そんなこれから白髪染めデビューする皆さんに向けた「転ばぬ先の杖」です。
こんなハズじゃなかった!っていう、よくある失敗とはバイバイしましょ。

白髪ってこんなヤツです

解説白髪といえば、加齢の象徴。
おばさんおじさん。最早、おばあちゃんおじいちゃんのイメージかもしれません。

でも、意外に白髪って若い頃から生えてくるんですよね。
まずは、白髪について簡単に説明していきます。

白髪が生え始める年齢

専門書やアンケートによれば、白髪が生え始める平均年齢は30代後半から40歳くらいです。

いわゆるアラフォーと呼ばれるくらいから白髪が気になり、染めだす人が増えるということですね。

「自分は、、。あれっ」と思った皆さん、安心(?)してください。
これはあくまで平均ですから、個人差があります
それはもう「不平等だ!」と叫びたくなるくらいに個人差があります。

30代前半で白髪が生えるくらいは全然普通です。
それどころから、10代20代くらいから、それより前の幼い頃から白髪だらけという、若白髪の人だっています。

シマウマ

シマウマ
ちなみに私は、30歳頃には白髪だらけでしたね。
様々な年齢の人々
白髪が生えてくる年齢 ホットペッパービューティーアカデミーの「白髪に関する意識調査2017(調査対象:全国20〜69歳男女計50,...

白髪は少量でも結構目立つ

少しの白髪なら目立たないのでは?
そう思っている人も多いです。

でも、それは誤りです。
実は数本の白髪でも結構目立つんですよね。
特に黒髪の中に混じる白髪は、コントラストでよく目立ちます。

実例を見るとわかりやすいです。
黒髪に白髪が混じるとこんな感じになります。

白髪混じり50%、30%、数本白髪が50%、30%混じった状態は当然のこと、たった数本の白髪でも周りからはハッキリ見えるものです。

白髪があると老けて見える。ずぼらに見える。汚らしく見える。
あんまり良いイメージのものではありませんよね。
特に女性ならなおさらです。

白髪は治らず、染めるしかない

白髪が治療できたらいいのに。
本当そう思います。

でも、現実そんな方法はありません。
残念ながら、白髪になってしまったらそれまでです。

基本、一度白髪になった髪はずっと白髪のまま。
次に同じ毛穴から生えてくる髪も白髪です。

巷には、白髪サプリメントなる商品はあります。
一見、白髪が治るんじゃないか?と誤解しがちですが、黒髪に良い栄養が含まれたサプリメントというだけです。
白髪を治す効果はないのです(商品説明をしっかり読むと、白髪が治ると謳ってはいません)。

結局のところ、白髪を無くしたければ染めるしかないってことですね。

白髪は毎日伸びてくる

あと忘れてはいけないのが、白髪は毎日伸びてくるってことです。

一回、白髪を染めたらそれで終わりじゃありません。
定期的に染めていかないと、また白髪が目立つようになってしまいます。

もし、美容院でしっかり染めたとしても、2週間も経てば、伸びてくる根元の白髪が気になり出すます。
伸びた白髪だけを染めるリタッチを美容院でお願いする手もありますが、時間もお金も馬鹿になりません。

結局、家庭で白髪を染める手段を用意しておかないと、詰んでしまう人が多いってことですね。

ここが白髪の厄介なところです。

白髪染めの種類と選び方

家庭で白髪を染めるってなると、イメージするのはこんなやつじゃないでしょうか?

白髪染めヘアカラーこれが「ザ・白髪染め」ですね。
いわゆる白髪染めヘアカラー(ヘアダイ)って商品になります。

しっかり染まって、価格も安い。
ドラッグストアやスーパーで簡単に手に入る大手メーカー製。
テレビCMもやっていたりしますから、これしかないでしょ!になると思います。

使えば確かに白髪は染まるんです。
メリットがたくさんある商品です。

でも、これから白髪染めデビューをする人にはおすすめしません。
なぜなら、「使い方が難しい」、「髪を傷める」から。

染めるのにコツがいるんですよね。
熟練者じゃないと、染めムラが出やすいです。
刺激物で頭皮に染料を付けるのがNGですから、根本の白髪は染めにくい。

それに準備やらの染める作業がかなり面倒です。

そして決定的なのが、髪を傷めるってことですね。
白髪が染まっても髪がゴワゴワでパサパサになってしまっては、実年齢以上の老け髪に。

少量の白髪を染めるのに、白髪染めヘアカラーは向かないです。

初めての白髪染めならこれを選ぼう

実は、白髪染めにはたくさんの種類があります。
それぞれに特長があって便利なものばかり。

でも、初めての白髪染めなら、断然、白髪染めトリートメント(白髪用のカラートリートメント)を薦めたいですね。
少量の白髪にも、リタッチ(伸びた白髪だけを染める)にも向いている便利な奴です。

トリートメント ベスト4

白髪染めデビューに向くという理由はこれだけじゃありません。
具体的なメリット4つを順番に説明していきますね。

髪と頭皮を傷めない

白髪染めトリートメントには、髪や頭皮を傷める成分が入っていません。
使っても髪がゴワゴワ、パサパサになりません。

頭皮もピリピリしません。
髪と頭皮にやさしく、白髪を染めることができます。

トリートメント成分で艶やかな髪に

白髪染めトリートメントはトリートメントという名前が付いている通り、トリートメント成分がたっぷり含まれています。

使う度に髪が艶やかに、ハリやコシを与えてくれます。

「白髪を染める」と「美しい髪」の両立ができるってことです。

白髪を染めるのって自分が年老いた気分になって少し悲しいと感じていた人も、トリートメントなんだ!って思うと、感じ方が変わりませんか?

パッケージもいかにも白髪染め!という感じではないので、シャンプーや化粧品や整髪料といっしょに置いておいても違和感もありません。

手軽に使える

どんなに効果があっても、使い方が面倒だと使うのをやめちゃいますよね。
その点、白髪染めトリートメントは楽に使えます。

「シャンプー前の乾いた髪に使う」、「シャンプー後の濡れた髪に使う」の2つの使い方がありますので、自分に合う使い方を選べるのもポイント高いです。

  1. シャンプー前の乾いた髪に使う
    白髪染めトリートメント(濡れた髪用)の使い方
  2. シャンプー後の濡れた髪に使う
    白髪染めトリートメント(乾いた髪用)の使い方

継続して使っていける手軽さは、白髪染めトリートメントの大きな魅力です。

染めるの簡単、失敗知らず

自分の髪を染めるのって実は結構難しいものです。

やったことがある人ならわかると思いますが、きっちり髪にだけに塗るのって慣れが必要だったりします。

でも、白髪染めトリートメントはそんな心配はいりません。

白髪染めトリートメントには危険な成分が入っていませんから、肌についてもなんら問題なし。
はみ出しても、頭皮についてしまっても、気にすることはありません。
洗い流すことができるので、ヘアカラーのように肌が染まってとれなくなる!なんて失敗もありません。

もし、染め残しがあったとしても、また染めればいいだけです。
重ね染めできるので、何度繰り返し染めても問題ないんです。

イチオシの白髪染めトリートメント

金メダル「白髪染めデビューには、白髪染めトリートメントがイイ!」という話をしました。
ただ、注意があります。

それは『染まりの優秀な商品を選びましょう』ということです。

白髪染めトリートメントは人気商品ですから30種類近い商品が販売されています。
でも、染まりに関して言えばピンキリあるんです。

染まりの良い商品と、一般的な商品にはこのくらいの差があります。
ブラック色で染めた一例です。

染まりの違い残念なことにドラッグストアやスーパーなどの身近な店舗には、染まりの優秀な商品が置いていないんですよね。

もし、身近に「白髪染めトリートメントは染まらない」という印象を持っている人がいたら、こういう商品を使ったからだと思います。

一度ひとつの商品で染まらないと、全部がそうだと思い込んでしまう人もいます。

でも、それは勿体ないです。声を大にして言いたいです。
優秀な白髪染めトリートメントを選べば、しっかりと染まります。
これは実際に試した体験談です。

前置きが長かったですが、これまで30種類以上の商品を実際に使って評価してきた中から厳選した2商品を紹介します。

ちなみに、白髪染めトリートメントにはブリーチ成分は入っていません。
暗い髪を明るくすることはできません。気持ち色付く程度ですね。
なので、選ぶ色は、基本的に染めたい色 = 自分の髪の色と考えてくださいね。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメントと評価レーダーチャート大人気の白髪染めトリートメントです。
2017.12月にリニューアルされ、性能が大幅UPしました。

染まりやすさ、トリートメント効果、コスパ、どれをとっても優秀。
乾いた髪、濡れた髪の両方に使えます。
実は、育毛成分も配合されていますので、薄毛を心配する方にもおすすめです。

キングオブ白髪染めトリートメントといっても過言ではありません。

シマウマ

シマウマ
迷ったら、これを買っておきましょう。

レビュー記事

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

マイナチュレオールインワンカラートリートメントと評価レーダーチャート2018.3月に発売した、オールインワンケア(白髪ケア、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケアができる白髪用ヘアカラートリートメントです。

人気のあまり、発売直後に売り切れとなってしまったすごい商品です。
染まりにもトコトンこだわっていて、その力は白髪染めトリートメントの中でもトップクラスです。
色持ちもよく、あまりの完成度に驚きました。他の白髪染めが使えなくなるほどの出来です。
乾いた髪、濡れた髪の両方に使えます。

シマウマ

シマウマ
ダークブラウンとブラウンの2色展開です。
茶色に染めるなら、これ行っときましょう。

レビュー記事

最後に

白髪染めとは長い付き合いになります。

今のうちから、髪と頭皮を労わっておいて損はありません。
50代、60代になって薄毛、老け髪に悩む人は多くいます。
そうなってから後悔しても遅いんです。

白髪染めをスタートする今が大事なときです。

『今』が大切、『将来』も大切。
白髪染めデビューには、染まりが優秀な白髪染めトリートメントが賢い選択です。

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

安心する女性

全額返金保証付きの白髪染めトリートメント

空を見上げる女子学生

若白髪の原因は?10代らしいツヤ髪になる染め方

ルプルプを選ぶべき理由

白髪を染めたいけど薄毛が怖い?だったらルプルプ!3つの理由

カップル

旦那さんにおすすめしたい白髪染め3選!面倒くさがりでも大丈夫

敏感肌の白髪染め

敏感肌の白髪染め!もう我慢は終わりにしよう

提案する女性

白髪染めで髪がパサパサ?そんな方法とはサヨナラ、潤う髪へ