イヤーキャップは100均で買える!枚数が多く一番オトクなのは?

イヤーキャップ(イヤーカバー)

『あると便利な白髪染めグッズ③』として、イヤーキャップ(イヤーカバー)をご紹介します。
白髪染めトリートメントを乾いた髪に使用するとき、あると便利です。

どんな種類があるのか、どこで購入できるのか、一番オトクに購入する方法などをご紹介しています。

シマウマ

シマウマ
100円ショップ4社の商品も比較していますので、是非ご覧ください。

イヤーキャップとは?

イヤーキャップとは、耳をカバーする小さな帽子のようなものです。
「イヤーカバー」、「耳キャップ」、「耳カバー」とも呼ばれます。

白髪染め、おしゃれ染めなどのヘアカラーをするときに使用します。
染料で耳が汚れるのを防ぐ役割をします。
美容院でヘアカラーをする時に、耳につけますよね。

耳は髪に触れやすいため、カラーリングの時に色うつりしてしまうことが多いです。
耳が汚れてしまった場合、数日間シミのような感じになってしまいます。
白髪がキレイに染まっても、耳にシミがついてしまっては残念です。
イヤーキャップでしっかり予防しましょう。

また、耳に水が入るのを防ぐため、介護の入浴介助で使われることもあるそうです。

イヤーキャップの種類

イヤーキャップは、ビニール製のものと、プラスチック製のものがあります。

ビニール製の特徴

ビニール製イヤーキャップ

安価で購入できるため、使い捨てに最適です。

ゴムの部分がきつすぎると、耳の付け根が痛くなることがあります。
特に乾いた髪に白髪染めトリートメントを使用される場合は、待ち時間が長くなりますので痛くなりがちです。
耳が大きめの方、ゴムの締め付けが気になる方は、ゴムの部分を少し伸ばしておくと良いかと思います。

また、洗って再利用される場合は、雑菌繁殖防止のために、しっかり洗ってしっかり乾かすようにする必要があります。

プラスチック製の特徴

耳の上の方にひっかけるタイプのイヤーキャップです。
300円程度で購入できます。

ビニール製よりも雑菌繁殖のリスクが少ないので、再利用に向いています。

しかし、耳にひっかけているだけなので、とても外れやすいのが難点。
あと、プラスチックなのでそこそこ重みがあり、人によっては耳が痛いと感じる方もいるようです。

イヤーキャップはどこで購入できる?

ネットショップ

ネットショップ

アマゾンや楽天などのネットショップで購入できます。
自宅にいながら思い立ったときに購入できるので便利ですね。
届くまで時間がかかってしまいますが。

ビニール製は100枚単位の大容量商品が多いです。
30枚程度の商品もありますが、送料が高くついてしまうので割高です。

また、プラスチック製はネットショップでしか見たことがないですね。
プラスチック製イヤーキャップを購入したいなら、お店で探すよりネットショップがオススメです。

100円ショップ

100円ショップ

ビニール製イヤーキャップは100円ショップで購入できます。
ダイソー、セリア、キャンドゥ、ワッツ(シルク)で確認しましたが、どのお店でも取り扱いがありました。
ヘアケア商品のコーナーにありますので、探してみてください。

なんと言っても100円で購入できるのが嬉しいですね。
内容量も少なく気軽に購入できます。

100円ショップのイヤーキャップ一覧

各100円ショップでイヤーキャップを購入し、比較してみました。

お店商品枚数
ダイソーイヤーキャップ
ダイソーのイヤーキャップ
16組
(32枚)
キャンドゥイヤーカバー
キャンドゥのイヤーキャップ
4組
(8枚)
セリアイヤーキャップ
セリアのイヤーキャップ
6組
(12枚)
ワッツイヤーキャップ
ワッツのイヤーキャップ
6組
(12枚)

枚数はダイソーがダントツです。
キャンドゥは枚数は少ないものの、耳が痛くなりにくかったり、ビニールに厚みがあったり、使い勝手がなかなか良いです。
量ならダイソー、質ならキャンドゥですね。

また、白髪染めトリートメントのおまけでも、いくつかイヤーキャップをいただきましたが、どれも100円ショップのものと同じような品で、大きな違いはありませんでした。

補足:ドラッグストアやホームセンターにも売っている?

薬局

近所のドラッグストアやホームセンターを確認しましたが、イヤーキャップ単体での販売は見かけませんでした。
「毛染め5点セット」のようなセット商品にはイヤーキャップが含まれていました。

毛染めセットさえも販売していない店舗もありますので、確実に購入したのであれば100円ショップに行ったほうが良いです。

シマウマ

シマウマ
イヤーキャップは、手軽に、ちょうどよい枚数だけを買える100円ショップがおすすめです。

家にあるものでイヤーキャップを手作り

「白髪染めしようと思ったけどイヤーキャップがない!」なんてこともあるでしょう。
そんなときは、手作りすることもできます。

作り方

  1. ラップと、テープ(または、ゴム)を用意します。
    手作りイヤーキャップの材料
  2. ラップで耳をはさむように包む。
    耳からはみ出したラップを、耳の後ろへ折りたたむ。
    必要であれば、根本をテープ(または、ゴム)でとめる。
    イヤーキャップ手作り
    今回は、張り付きの良いポリ塩化ビニル製ラップを使用したので、特に根元をテープなどで固定していません。
    張り付きが弱めのポリエチレン製ラップの場合は、固定した方が良いかもしれません。

鏡を見ながら付けなければならないのが面倒でしたが、思った以上に良いです!
自分の耳にピッタリと張り付き、白髪染め最中に取れてしまうこともありませんでした。

イヤーキャップのサイズが合わない方、耳が痛くなってしまう方、試してみてはいかがでしょうか。

シマウマ

シマウマ
サイズぴったり!オーダーメイドのイヤーキャップですね。

まとめ

感想

多くの白髪染めトリートメントは肌に優しい成分でできていますが、染まりが良い商品などは肌に色うつりしてしまうこともあります。

耳へ色うつりしてしまっても徐々に薄くなり数日で消えますが、耳の汚れって思った以上に目立ちます。
耳が出るショートヘアの方や、髪を耳にかける癖がある方は特に注意が必要です。

イヤーキャップを取り入れて、簡単に色うつりを防ぎましょう!

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タオルキャップ

タオルキャップ(ヘアターバン)【白髪染めグッズ】

白髪染めグッズ一覧

あると便利!白髪染めグッズ一覧

カラーリングカップ

ヘアダイカップは代用品でもOK【白髪染めグッズ】

シャワーキャップ

シャワーキャップは100均で!ビニール&アルミ2枚使いで染まりUP

ナイトキャップ

ナイトキャップで髪のダメージを軽減【白髪染めグッズ】

チューブ絞り器

チューブ絞り器は100円ショップで【白髪染めグッズ】