ヘアカラー用シャンプーで色落ちは減らせる

シャンプーとリンス

ヘアカラー用シャンプーとは?

一言でいうと、染めた髪の色落ちを抑えるシャンプーです。
カラーセーブシャンプーとも呼ばれます。

※カラーヘアー用シャンプーには、白髪を染める効果はありません。

効果・特徴

シャンプーとして使うだけで、染めた髪の退色が軽減できます。

ヘアカラー用シャンプー自体には、髪を染める力はなく、シャンプー時の色素の流出を防ぐというものです。

メリット

染めた髪色を長持ちさせられるため、

『今までと同じ色持ちのまま、染める回数を減らすことができる。』

もしくは、

『染める回数そのままに、色落ちを減らせる。』

というメリットがあります。

どれくらい効果が見込める?

商品によっても、シャンプーの仕方によっても差はありますが、普通のシャンプーをしているよりも色落ちが少なくなります。

ただ、そこまで劇的な効果は期待しない方がよいでしょう。

例えば、色落ち抑制効果を数値で公表してくれている数少ない商品「LPLP ヘアカラー用シャンプー」の場合、『5日間の連続使用した場合、一般的な市販のシャンプーと比べて20%以上の色落ちを抑制』とあります。

一回のシャンプーあたり4.5%くらい抑制できると考えると、
色落ち抑制[%] = (1- (1 – 0.045) ^ 日数) ×100 ですから、
10日で37%くらい、30日で81%くらい、一般的な市販シャンプーに比べて抑制できるという計算ができます。※あくまで机上計算ですのでご参考まで。

 どういう人に向いているか?

染めた髪を、少しでも長持ちさせたいという方に向いています。

美容院で染めている方へ

美容院で染めるのは高額ですし、時間も掛かります。
カラーヘア―用シャンプーを使うことで、美容院でキレイに染めた髪を、長持ちさせることができます。

一方で、長持ちする分、根本の白髪も長く伸びて目立ってきますので、生え際、根本の白髪を、白髪染めトリートメントでケアするのがよいでしょう。

自宅で「白髪染めヘアダイ」で染めている方へ

白髪染めヘアダイは、髪と頭皮へダメージ与えますから、カラーヘアー用シャンプーで色落ちを抑制し、染める回数を減らせるメリットは大きいです。

ただし、将来のことを考えますと、髪と頭皮へダメージを与えない白髪染めトリートメントに変更されることをおすすめします。

白髪染めトリートメントで染めている方へ

白髪染めトリートメントを使っている方も、カラーヘアー用シャンプーで色落ち抑制が期待できます。
白髪染めトリートメントをお使いの方は、定期的に染めていると思いますが、その回数を少なくすることができますので、より手軽になります。

最後に

カラーヘアー用シャンプーは、様々な種類の商品が発売されています。

白髪染めと同メーカーから発売されているケースも多いため、まずはライン使いをしてみはいかがでしょうか?

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リンスインシャンプーとカラートリートメント

カラートリートメントとリンスインシャンプーは相性抜群!

シャワー

白髪染めと「お湯シャンプー」は相性抜群