白髪染めシャンプーの特徴とデメリット!こんな人に向いてます

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーとは?

はてな

その名の通り、シャンプータイプの白髪染めです。シャンプーするだけで白髪が染まるという画期的な商品です。

白髪染めが面倒で仕方ない、忙しくて白髪を染める時間がとれないというお悩みを解決してくれます。

ドラッグストアにたくさん陳列されている、白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)とは別ものです。ツーンとした臭いも、髪をゴワゴワにすることもありません。

髪と頭皮にやさしいヘアカラートリートメントの一種になります。

白髪染めシャンプーの特徴

白髪染めシャンプーの特徴は、この3つです。

使い方は、シャンプーするだけ!

毎日のシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけでよいのです。
もちろん、待ち時間なんてありません。

白髪染めシャンプーを使うタイミング手袋やヘアキャップ、イヤーキャップを付ける必要もありません。
今までの生活をなんら変えることなく、白髪を染めることができるのです。

なんといっても、この手軽さ、簡単さが、白髪染めシャンプーの特徴です。

白髪染めなのに髪と頭皮にやさしい

白髪染めヘアダイに含まれているジアミン系、パラベン系の酸化染料を含んでいません。
そのため、アレルギー反応、被れ、湿疹が出にくいという特徴があります。
髪と頭皮にもやさしく、ツヤやコシが出て、パサついた髪でもしっかりまとまります。

白髪を自然に染め上げる

毎日使用することで、徐々に白髪が染まっていきます。
すぐに染めてしまいたいという方には、物足りないかもしれませんが、自然な形で、自然な色合いに染まるということです。
白髪染めしたなと周りに気づかせることなく、自然な形で白髪を隠すことができます。

白髪染めシャンプーのメリット

OK白髪染めシャンプーで得られるメリット7つをご紹介します。

簡単・手軽!

シャンプーするだけですから、普段の生活を変えることなく白髪を染めることができます。
これまでの白髪染めからすると、超手軽! 夢のように手軽!と言っても言い過ぎではないかもしれません。

髪が傷まない

従来の白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)は、使う度に髪を傷めてパサパサになってしまうという致命的な欠点がありました。
白髪染めシャンプーは、その原因となっていた成分を含みません。
毎日染めても、髪は生き生きです!

健康への心配が不要

従来の白髪染め白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)には、発がん性物質であり、致死量を持つ猛毒(ジアミン系の酸化染料)が含まれています。
健康への意識が高いヨーロッパの一部の国では、使用が禁止されている成分です。この成分が、使う度に少しずつ体内に吸収されていく危険性が心配されています。
白髪染めシャンプーはこの危険性のある成分を含みませんので、健康への心配なく使うことができます。

周りに気づかれずに染められる

白髪を染めたな と周りの方に感づかれるのが嫌、恥ずかしいという方もいるかと思います。
白髪染めシャンプーは徐々に染まっていきますので、周りには感づかれずに、白髪を染めてしまうことができます。
画像の変化を見つける脳トレ系のゲームのようなものです。人は些細な変化には気づきにくいものです。
白髪染めシャンプーで、白髪をなかったものにしてしまいしょう。

シャンプーで色落ちしない

髪を染めた場合、徐々に色は落ちていくものです。とくにシャンプーで髪を洗うときが、もっとも色落ちしやすい場面でしょう。
白髪染めシャンプーは色落ちの代わりに、白髪を染めることができるのです。
これは、他の白髪染めにはない、白髪染めシャンプーだけが持つ隠れたメリットです。

染め残しが出ない

従来の白髪染め白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)で嫌なのは、セルフでやると、どうしても染めムラができてしまうこと。
その点、白髪染めシャンプーはシャンプー時の泡で染めるので、普通にシャンプーするだけで、髪全体、髪の根本までムラなく染まります。染め残しが出ません。

伸びてくる白髪も染められる

折角、白髪を染めても、伸びてくる白髪を放置しては元も子もありません。
美容院できれいに染めたとしても、伸びてくる白髪は悩みのタネ。
白髪染めシャンプーは短い間隔で使っていく白髪染めですから、伸びてくる根本の白髪も染め上げて、常に綺麗な髪を維持することができます。

白髪染めシャンプーのデメリット

ダメ白髪染めシャンプーにも、当然デメリットもあります。

即効性は期待できない

1回あたりの染まりやすさは、従来の白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)に遠く及びません。ヘアカラートリートメントの中でも、染まる方ではありません。

白髪染めシャンプーは、手軽さが最大の魅力で、じっくりゆっくり徐々に染めるという商品ですから、即日、きれいに染め上げたいという方には向きません。

※手軽さが一番だけど、即効性もある程度欲しいという方には、染まりに定評のある白髪染めシャンプー『グローリン・ワンクロス』をおすすめします。この商品であれば、初回3日連続使用、その後は週1日のシャンプーでOKです。

コストが高め

白髪染めシャンプーは短い間隔で使っていく白髪染めですので、消費量も多くなります。

美容院で月1回染めるよりは全然お安いですが、従来の白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)に比べると、月あたりの費用は多くかかってきます。
商品、髪の長さによっても変わりますが、1か月、4,000円程度が目安になります。

※薬局などで購入できる従来の白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)は1,000円程度で購入できますが、髪や頭皮を傷めてしまい、結果的に育毛剤やカツラのお世話になってしまうと、もっと大きな金額がかかってしまいます。将来も含めて考えると、ヘアダイの方がコストが高くなってしまうかもしれませんね。

白髪染めシャンプーは、こんな人におすすめ

感想

手軽さを求める人

面倒そうな女性と男性時間は有限、大切です。なにかと忙しい世の中、少しの時間も大切にしたいですよね。
そもそも、面倒はことはやりたくないですよね。
白髪染めを面倒と感じていた方忙しく時間が取れなかった方は、簡単・手軽な白髪染めシャンプーで、その悩み一気に解決してしまうかも!?

伸びてくる白髪、生え際の白髪が気になる人

生え際の白髪に悩む女性と男性白髪は常に伸び続けるもの。とくに、ロングヘアの分け目部分短髪の生え際の白髪はとっても目立ってしまいます。
キレイな髪を維持するためには、根本の白髪もしっかり染めていかねばなりません。
白髪染めシャンプーなら、この部分もしっかりケアして、キレイな髪を維持し続けることができます。

髪を傷めたくない人

髪を傷めたくない女性

折角、白髪が染まっていても、髪が傷んでいては、元も子もありません。
魅力ある髪にするには、髪を傷めてしまうことは断固NGです。
髪は女性の命とも言います。髪を大切にする方に、白髪染めシャンプーはおすすめです。

薄毛が気になる人

薄毛が気になる男性と女性

歳を重ねると、段々と薄毛も気になってきます。
白髪を染めても、その副作用で頭皮を傷めてしまっては取り返しがつかなくなるかも?
髪があってこその白髪染めです。
白髪染めシャンプーは、頭皮を傷めず、白髪を染めることができます。

髪が短い人 ※男性にもおすすめ

ショートヘアの男性と女性

短髪の白髪は、染料を付けにくく染めにくいものです。
特に、従来の白髪染めヘアダイ(ヘアカラー)は、頭皮に付着させてはいけない代物です。
白髪染めシャンプーなら、危険性の高い成分が入っていないので頭皮に付いても問題ありませんし、シャンプーの泡で短い髪の根本まで染めることができます。

白髪染めシャンプーの選び方

ポイント

販売されている白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーは種類が少なく、わたしが知る限り、次の5つだけです。

  1. グローリン・ワンクロス
  2. 利尻(りしり)カラーシャンプー
  3. サロンドプロ ナチュラルグレイッシュ リンスインシャンプー
  4. 黒耀(こくよう)シャンプー&ヘアパック
  5. 螺髪輝(らはつかがやき) シャンプー&ヘアパック

ただ、「黒耀」と「螺髪輝」は実質ヘアパックで染めますので、白髪染めシャンプーと言ってよいかは微妙なところかもしれません。

そのため、真の意味での白髪染めシャンプーは「グローリン・ワンクロス」、「利尻カラーシャンプー」、「サロンドプロ ナチュラルグレイッシュ リンスインシャンプー」の3つと言えるでしょう。

選び方

染まり具合や使用頻度などの特徴は、商品によって全然違います。

各商品を実際に試して比較した結果を別記事「市販の白髪染めシャンプーおすすめランキング!徹底比較」にまとめてあります。

染まり具合から、テクスチャー、香り、使用感、1ヵ月あたりの価格、諸々について比較していますので白髪染めシャンプー選びの参考にしてください。

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「白髪染めヘアダイ」の特徴

白髪染めヘアカラーのデメリット!自分はハゲないと思ってませんか?

ハートを手に乗せている女性

白髪染めトリートメントのメリット!美髪に選ばれる理由とは

カラーバター

カラーバターで白髪は染められる?

ヘアチョーク

ヘアチョークは黒髪もOK!ハイライトで白髪ぼかしに使える

ハートを持つ女性

白髪染め専門店のデメリットを知って、私が選んだ最善の方法