白髪どうする?染める派、染めない派、両者の意見と誤解

複数の意見

老化現象のひとつである『白髪』。
30代後半になるとほとんどの方に生えてくる白髪ですが、染めるか染めないかは人それぞれのようです。

染める派、染めない派の双方の意見を聞いてみました。

シマウマ

シマウマ
あなたはどちらに共感しますか!?

白髪を染める派の意見

女性の圧倒的支持を受けているのが『白髪を染める派』です。
男性でも、年齢が若い人は白髪を染めている人も多いです。
皆さんの意見を聞いてみました。


年齢を重ねても、髪やメイクや服装などオシャレをしている人に憧れる。自分もそうなりたいと思うから白髪を染めている。

できるだけ若々しくいたいから白髪は染める派。白髪だらけは10歳は老けて見える。周りの人も染めているし、自分だけ白髪だらけだと実年齢より老けて見えて損だと思う。

白髪をケアしていない人は、だらしなく見える。しっかり化粧して上品な雰囲気の人なら別だけど、私が知っている白髪混じりの人は、服もメイクも手を抜いているずぼらな人しかいない。「だらしない」「ずぼら」と思われたくはないので白髪は定期的に染めるようにしている。

白髪だと髪がパサパサにみえる。清潔感がなく汚らしいイメージ。

白髪を染めないという選択は、美人やイケメン、美容に気を使っている人に限る。ほとんど人は、清潔感をキープするためにもしっかり白髪を染めておいた方が印象が良いと思う。

白髪を染めない派の意見

ここ最近、注目度上昇中の『白髪を染めない派』。
自然体でステキ!と指示はあるものの、実際に染めていない人はごくごく少数派です。
白髪を染めない!という決断をした方に意見を聞いてみました。


白髪染めをやめてから、「白髪染めしなきゃ」という義務感から解放された。時間も手間もお金もかからないし良いことづくし!

白髪は染めているけれど、ケア不十分で根本だけが白髪になっている人がたくさんいる。中途半端なケアは恥ずかしい

白髪染めをしない人を見て、見た目に執着していない潔さを感じた。自然体なのに上品でおしゃれで。その人を見習って白髪染めをやめました。

白髪染めで髪を傷めたくない。白髪はなくてもツヤのないバサバサな髪になってしまい逆に老けて見える。

白髪染めで頭皮にダメージを与えて、ハゲになりたくない。

どちらにも、誤解している意見があります!

誤りなるほど、なるほど。
染める派、染めない派、どちらの意見も共感できるものがありますが、実は誤解している意見もありました。
気づきましたか?赤字の意見が誤解なのです。

染める派の誤解:白髪はツヤがなくバサバサに見える

これは誤解です。
たしかに白髪は、そのままの状態では、黄色みがかっており、ツヤがなくバサバサ見えます。汚らしく見えるかもしれません。
ですが、それはケアをしていないからです。

  • 白髪の黄ばみを抑える「紫シャンプー」を使う
  • ツヤやまとまりを出すスタイリング剤を使う

これらの白髪ケアをすることで、清潔感のあるツヤ白髪を実現することが可能です。

染めない派の誤解:白髪染めで頭皮、髪にダメージを与える

これは誤解です。
白髪染めにも種類があります。

頭皮や髪にダメージを与えてしまうのは白髪染めヘアカラーです。
ドラッグストアやホームセンターにもたくさん並んでいるあの商品です↓

白髪染めヘアカラー
ツーンとした刺激臭、染めあがりのパサつき感からもわかるように、強い化学成分を使用しているため、髪や頭皮にも悪影響を及ぼします。
美容室で行う白髪染めもほとんどが白髪染めヘアカラーです。

ただ、髪や頭皮を傷めずに染められる白髪染めもあります。

  • 白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使う

人体に優しい成分のみで白髪を染めるので、髪や頭皮にダメージを与えません。
むしろ、トリートメントタイプはトリートメント効果もあり、白髪を染めつつ髪にツヤやハリ・コシを出すことも可能です。

結局、どうする?

大切なのは

感想白髪を染める、染めないは自由です。
大切なのは白髪を染めるかどうかではなく、ヘアケアをしているかどうかなのです。

髪をステキに見せるか、汚く見せるかは、ヘアケア次第です。

染めるか染めないか迷うなら

はてな

もし、染めるか染めないか迷っているならば、「染めた方がいい」と私はオススメします。

それは、白髪混じりの髪をステキに見せるほうが難しいからです。
毎日のヘアケア、メイク、服装、姿勢、振る舞いなどにも気を付けなければならないし、さらには、美貌、知的、個性的など他の人にはない特長も必要です。

自分に自信のある方、かつ、ヘアケアも欠かさないストイックな方でないと、白髪混じりの髪を扱うのは難しいのかな?という印象です。

染めるなら、周りの人より一歩先行くケアを

ワンランク上

染める!と決断した方、せっかくですからワンランク上の美髪を目指しませんか?

まず、髪や頭皮を傷める白髪染めヘアカラーで頻繁に染めるのをやめましょう。
白髪は染まりますが、パサパサでごわついた残念な髪になってしまいます。

美髪を目指すなら、白髪ケアと同時に髪質ケアも重要です。
そのために、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを賢く活用してみてはいかがでしょうか?

リニューアルや新商品などでますます品質が向上し、染まりもどんどん良くなってきています。
さらに、パサつき、髪のボリューム、うねりなどの髪のトラブルにアプローチしてくれたり、中には育毛剤成分が入っているものも。

今の髪、未来の髪のためにも、髪と頭皮をいたわった白髪染めが大切ですね。
ケアした髪、ケアしていない髪、きっと違いが出てくるでしょう。

シマウマ

シマウマ
「友達や職場の人より、私の髪ってキレイかも!」そんな未来がまっているかもしれませんね。

 

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

うなだれている女性

白髪とストレスの因果関係?効果的な対策はひとつだけ!

白髪を抜く女性

白髪を抜くのはデメリット大!だったら白髪抜き専門店はどうなの

スタイリング

伸びてきた白髪をスタイリングで隠す!

印象の違い

しらが、はくはつ。どちらも白髪と書くがイメージは段違い

白髪のヒゲも脱毛できるサロン紹介!ごま塩だって諦めないで

驚く女性

グレイヘアの落とし穴!白髪の素敵な女性が称賛される一方で