白髪染めトリートメントのメリット!美髪に選ばれる理由とは

ハートを手に乗せている女性

気になる白髪は染めてしまいたい!

でも、白髪染め(ヘアカラー)を使い続けたら髪がガビガビに。
おまけに、ハゲになるっていう噂も聞きました。

そんな悩みを持つ人が、気になるのが白髪染めトリートメントですよね。
自分が、まさしくそうでした。

白髪染めトリートメントがこのピンチを救う救世主になってくれるのか?
気になるメリット、デメリットを解説します。

シマウマ

シマウマ
白髪染めトリートメントの特徴、メリット、デメリットをお伝えする記事です。
美髪さん達に選ばれている理由はこういうことなのです。

白髪染めトリートメントって何なの?

はてな

白髪染めとはどう違うの? まずはそこから説明していきますね。

白髪染めは、白髪用のヘアカラーのことです。
ヘアカラーは、髪をブリーチして色素を抜き、髪の内部に色を浸透させる仕組みです。
言ってしまえば、科学的な力で髪に無理やり色を付けるというもの。
だから、白髪染めを使うと、髪や頭皮がとっても傷んでしまうんですよね。
詳しくは、白髪染めヘアカラーの解説記事をご覧ください。

変わって、白髪染めトリートメントは自然由来の染料で髪の表面に色を付けるという仕組みです。
しかもトリートメント成分たっぷり。
だから、髪を傷めず潤いを与え、頭皮も傷めない
そんな髪と地肌のことを考えてくれた商品なんです。

ただ、そういう仕組みなので、1回使用した時の色付きと色持ちはどうしてもヘアカラーには及びません。
白髪染めトリートメントは、髪へのトリートメントを兼ねて、定期的に使っていくというコンセプトなんです。

でもですね。最近の白髪染めトリートメントはかなり進化しています。

染まりにもこだわった人気商品は、かなりやりますよ。
新商品も出ています。パッケージはほとんど変わらないのにリニューアルしている商品もあります。
昔に使ってみてダメだったという人も、ぜひ再チャレンジしてほしいですね。

ちなみに、白髪染めトリートメントは、白髪用ヘアカラートリートメントとも言います。
ヘアカラートリートメントには黒髪用もありますが、白髪を染めるには不向き(ほとんど染まらない)なので、ご注意くださいね。
白髪をしっかりケアしたいなら、やっぱり白髪用に作られた白髪染めトリートメントが一番です。

白髪染めトリートメントの特徴

説明する女性

髪を染める仕組みや、自然派のやさしい白髪染めであることはもう説明してしまいました。
次は、白髪染めトリートメントの種類と使い方について説明していきますね。

白髪染めトリートメントには、大きく2つの種類があります。

  • 濡れた髪に使うタイプ
  • 乾いた髪に使うタイプ

欲張りさんのために、どちらにも使えるという商品もあります。
その場合、大概はどちらかの使い方がメインとしてあって、更にもう一方の使い方もできるという風になっています。

では、次はそれぞれのタイプについて説明していきます。

濡れた髪に使うタイプ

シャンプー後の、濡れた状態の髪(タオルドライすると効果的)に使います。
使い方は下図の通りです。

白髪染めトリートメント(濡れた髪用)の使い方

毎日のリンス/コンディショナーを白髪染めトリートメントに変えるという感じです。
3~5分程の待ち時間は必要になりますが、体を洗ったりする間に経ってしまうくらいの時間だと思います。
いつもの生活を崩すことなく白髪を染めてしまえるのが強みですね。

使用頻度については、商品によります。
染まりが優秀な商品ならば、週に1回でも大丈夫です。
でも、そうでないなら週2~3回は使っていきたいところです。

最初は3日程度連続で使ってしっかり染める。
その後は白髪の染まり具合に合わせて使用していくという方法にすると、きれいに白髪を染めていけます。

商品数は乾いた髪に使うタイプよりも多くて、選択肢が豊富です。
ただ、白髪を染める力に関して言うと、ちょっと劣る商品が多い印象です。
でも、マイナチュレだけは別格です。
しっかり染めたい人は「マイナチュレ」と覚えておくとよいですよ。

シマウマ

シマウマ
毎日、髪に整髪料をしっかりつけてセットしている人は、シャンプー後に染めるこのタイプが使いやすいです。
お風呂場ですべて完結してしまうのも面倒がなくていいですよね。

乾いた髪に使うタイプ

シャンプー前の、乾いた状態の髪に使います。
使い方は、下図の通り。

白髪染めトリートメント(乾いた髪用)の使い方

ヘアカラーと似たような使い方というと分かりやすいでしょうか。
とはいっても、ヘアカラーとは使いやすさが全然違います。

まず、準備が簡単です。
ヘアカラーのように1剤と2剤を混ぜるというようなことは不要です。
チューブから出すだけです。

それに、もし肌に付けてしまったとしても、色がすぐに定着しません。
間違っても洗い流すことができるんです。
だから、ヘアカラーのような入念な準備はいらないですし、塗るときも神経を使わないんです。
これは、とっても気が楽ですよ。

待ち時間は10~30分くらいです。
結構長いなと思うかもしれませんが、ヘアキャップさえかぶってしまえば周りを汚してしまうこともありません。
好きなことをしていれば、あっという間です。
ちなみに使い捨てのヘアキャップは100均一でも売ってます。いっぱい入っているので使い倒しましょう。

使用頻度については、商品によります。
染まりが優秀な商品ならば、週に1回でも大丈夫です。
でも、そうでないなら週2回くらいはというところですね。

最初は3日程度連続で使ってしっかり染める。
その後は白髪の染まり具合に合わせて使用していくという方法にすると、きれいに白髪を染めていけます。

濡れた髪に使うタイプと比べて、商品数は少ないです。
ただ、白髪を染める力に優れた商品が多いという印象ですね。
その中でも、「ルプルプ」を推す声は多いです。
実力、人気とも兼ね備えた良い商品です。覚えておきましょう。

シマウマ

シマウマ
乾いた状態の白髪はハッキリよく見えます。
つまりピンポント染めもしやすいということです。
部分的に白髪がたくさんある人は、このタイプが使いやすいと思います。

白髪染めトリートメントの4つのメリット

OK

白髪染めトリートメントにはメリットがたくさんあります。
4つにわけて説明していきますね。

「白髪を染める」と「美しい髪」の両立

何と言ってもコレですね。

気になる白髪をケアできる。でも、髪を傷めない。
それどころか、トリートメント成分で艶やかな髪にしてくれる。

これが白髪染めトリートメントの最大のメリットでしょう。

セルフで染めムラのない髪に

セルフでもムラなく綺麗に白髪を染めることができるのが白髪染めトリートメントです。
理由は2つあります。

まず、上塗りができるから。
白髪染めトリートメントは、ヘアカラーのようにブリーチしてパキっと染めるものではないんです。
もしも染め残ししてしまっても、次の日にもう一度染めればいい感じに馴染みます。
髪と頭皮にやさしいですから、繰り返し染めるのも問題なしです。

次に、髪の根本の白髪も染めやすいから。
染料が塗りにくい髪の根本って染めるのが難しいんですよね。
ヘアカラーだと地肌に付けるのは絶対NGです。
頭皮をピリピリと傷めてしまいますし、地肌に色が付くと落ちなくなってしまいます。
でも、頭皮にやさしい白髪染めトリートメントなら、多少地肌についても大丈夫。
頭皮にやさしいですし、地肌についた染料も洗い流せます。

不器用な人でも、簡単に白髪を染めることができるのが白髪染めトリートメントなんです。

自然派なのでジアミンアレルギーでも使える

白髪染めトリートメントには、ヘアカラーで使われるジアミン系の酸化染毛料は使われていません。

ジアミンアレルギーが発症してヘアカラーが使えなくなってしまったという人でも、白髪を染めることができるんです。
アレルギーって程じゃないけど肌が敏感という人も、自然派染料の白髪染めトリートメントなら問題が出にくそうですね。

頭皮を傷めないから薄毛を心配する人にも

頭皮の傷みは、将来の薄毛に繋がっていく危険性があります。
どれだけ髪を気にしていても、なくなってしまっては元も子もありません。

薄毛に悩みは男性だけのものじゃありません。
今、薄毛に悩む女性がとっても増えているのです。

白髪染めトリートメントなら頭皮にやさしく、白髪を染めることができます。

白髪染めトリートメントの2つのデメリット

ダメ

メリットがあれば、当然デメリットもあります。
思っていたのと違う!となってしまわないよう、しっかり説明していきますよ。

黒髪は染まらない

白髪染めトリートメントにはブリーチ成分は入っていないので、髪の色素を抜く効果はありません。

薄い色を濃く染めることができます。
でも、濃い髪を明るくはできないのです。

具体的に言うと
白髪 → 黒髪 はできる。
白髪 → 茶髪 はできる。
茶髪 → 黒髪 はできる。
黒髪 → 茶髪 はできない。
ということですね。

染める手間はある

白髪染めヘアカラーと比べて染めるのはずっと手軽です。
でも、染める手間がなくなる訳じゃありません。

髪色をキープするために、週1回~使っていく必要があるんです。
ちょっと面倒かとも思ってしまう日もあるでしょう。

ただ、定期的に使っていくということは悪い面ばかりでもないんです。
まず、トリートメント成分で髪がいきいきとすること。
それと、伸びてくる新しい白髪を染めていけるということ。
そう考えると「あり」な気がしませんか?

美髪さん達に選ばれる理由

OKサインをする女性

例え白髪がなくても、ボリュームなく傷んだ髪は残念な印象に。
髪は、日々どうケアしてきたかが素直に現れます。

繰り返しになりますが、白髪染めトリートメントは髪と頭皮にやさしく染めていくことができます。
今はもちろん大切、でも将来も大切という人向けの商品です。

それを知っている美髪の持ち主は、賢く白髪染めトリートメントを使っています。

  • 白髪が多いから、白髪染めトリートメントだけで白髪ケアしている。
  • 黒髪にしたいから、白髪染めトリートメントだけで白髪ケアしている。
  • 明るい髪にしたいから、極力髪が傷まないよう美容院でベースを染めてもらう。
    そして、伸びてくる白髪を含めて白髪染めトリートメントでケアしている。
  • いずれグレイヘアにしたいから、染めるのを止めれば元に戻せる白髪染めトリートメントを愛用している。

こんな感じに、自分に合わせた美しい髪を実現していく手伝いをしてくれる。
それが美髪さん達に選ばれる理由なんです。

最後に

手紙

最後に、この記事を読んで「わたしも白髪染めトリートメントを使ってみようかな?」、そう思われた人へのメッセージです。

白髪染めトリートメントは魅力ある商品です。
ぜひ一度、使ってみてほしいです。

ただ、得られる効果は、商品によって大きな違いがあります。
商品選びがとっても大切なんです。

ちょっと間違えてしまうと「がっかり感」が半端ないかもしれません。
実はわたしも通った道なのですが…。

そんな回り道をしなくて済むよう、これまで数十種類の白髪染めトリートメントを試してきた結果を、記事「白髪染めトリートメントおすすめランキング」にまとめてあります。

無駄遣いをするのは絶対に嫌だ!という方、美髪さんへの特急券をどうぞ。

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「白髪染めヘアダイ」の特徴

白髪染めヘアカラーのデメリット!自分はハゲないと思ってませんか?

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーの特徴とデメリット!こんな人に向いてます

カラーバター

カラーバターで白髪は染められる?

ハートを持つ女性

白髪染め専門店のデメリットを知って、私が選んだ最善の方法

ヘアチョーク

ヘアチョークは黒髪もOK!ハイライトで白髪ぼかしに使える