白髪染めランキング!
迷えるしまうま
白髪隠し

キスミーフェルム白髪カバースティックをレビュー!口コミもチェック

キスミーフェルム白髪カバースティック

プチプラで人気の女性化粧品KISSME FERME(キスミー フェルム)の『白髪カバースティック』のレビュー記事です。

シマウマ
シマウマ
キスミー フェルムのスティックタイプの白髪かくし。
実際使ってレビューしました!

キスミー フェルム 白髪カバースティックとは?

キスミーフェルム白髪カバースティック

KISSME FERME(キスミー フェルム)は、お求めやすい価格で女性に人気のメイクアップ化粧品ブランドです。
ドラッグストアやホームセンターなどで取扱があるので、知っている方も多いのでは?

白髪カバースティックは、そんなキスミー フェルムの『スティックタイプの白髪かくし』です。

塗るだけで白髪を隠せて、シャンプーで簡単に落とせる、1日限りの一時着色料になります。

特長

ポイント

白髪カバースティックの特徴は、やっぱり『口紅やリップクリームのような形状』です。
白髪かくしとしては、種類が少ないスティックタイプです。

この商品には、次のような特長があります。

白髪を自然になじませる

直塗りできる太めのスティックで、白髪を自然に馴染ませ目立たなくします。

ウォータープルーフ

汗や水に強いウォータープルーフ処方です。

美容液成分配合

ヒアルロン酸、コラーゲン等のうるおい成分が配合されています。

シマウマ
シマウマ
商品種類の少ない、スティックタイプの白髪かくしです。

レビュー!実際に使ってみました

今回使ったのは、キスミー フェルム 白髪カバースティックのダークブラウン色です。

キスミーフェルム白髪カバースティックのパッケージと大きさパッケージには、わかりやすく大きい文字で『白髪かくし』と書いてあります。

正式な商品名は「白髪カバースティック」なのですが、表面には一切書いておらず、裏面にひっそりと書いてありました。

まぁ、白髪カバースティックだと一目で効果をイメージし難いですからね。
買う人が、一目ですぐに分かるようにしているのかもしれないですね。

本体の形は、大きめで太めな口紅、リップクリームといった感じです。

手のひら程の大きさで持ちやすいサイズです。
縦10cm、横2.2cmくらいですね。

蓋を開けて、ぐりぐりと回すと口紅のように太芯のスティックが現れます。

キスミーフェルム白髪カバースティックの外観パッと見では、白髪ケア用品ということがわからないです。
うっかり人に見られても、白髪かくしとはバレにくいです。

シマウマ
シマウマ
では、次は実際に使っていってみます。

使いやすさ

使い勝手

キスミー フェルム 白髪カバースティックは、スティックタイプの白髪かくしです。

先端の太芯スティックを、グリグリと白髪に塗りつけるという使い方です。
クレヨンみたいな感じです。

キスミーフェルム白髪カバースティックの染料思った以上にスティックが太いので、広い面積を一気に塗れます。
逆に、数本の白髪だけに塗るというはできないです。

また、何度もこすりつけないと色が付かないので塗るのに時間がかかります

良い点もあります。

リップや口紅のように残量を確認しやすいので、もう少しでなくなりそうというのがわかります。

また、染料が飛び散ったり、粉が舞ったりすることはないので、周りを汚しにくいという点も良いですね。

合的にみると、あまり使いやすくない、と思いました。

シマウマ
シマウマ
一見使いやすいようで、そうでもないです。
使いやすさは普通でしたね。

仕上り

仕上がり

自分の白髪、白髪サンプル(白髪50%)に使ってみました。

自分の白髪に使った結果

キスミーフェルム白髪カバースティックの仕上がり(生え際の白髪)白髪が茶色っぽくなり、目立たなくなりました。
ただ、しっかりは色付かないです。

白髪があるのはわかります。
元の髪が、黒髪というのもあるでしょうが、だいぶ淡いですね。

色が付くのも表面だけです。
内側の白髪はそのまま残ってしまいます。

しっかり白髪を隠したいという方には、物足りないと思います。

第三者にも直接見てもらいましたが、同じコメントでした。
ちなみに、手に塗ってみるとこんな感じです。

キスミーフェルム白髪カバースティックを塗った手

それと、ここに注意していただきたいのですが、独特な匂いがします。
文房具っぽい、埃っぽい感じの香りです。

香りの好みは人それぞれですが、個人的には耐えられない不快な匂いでした。
髪に塗っていると、ふとした時に臭ってきます。

気にならないという人も多いのかもしれませんが、こういう意見があることも覚えておいてもらえたらと思います。

白髪サンプル(白髪50%)に使った結果

キスミーフェルム白髪カバースティックで染めた白髪サンプル

白髪が目立たなくなりました。
でも、やっぱり内側の白髪は白いままです。

シマウマ
シマウマ
白髪は目立たなくなりますが、色づきが良い方ではありません。
香りは独特、苦手な人もいます。

色落ち(色移り)

色落ち(こすれ)

白髪カバースティックは、1日限りの着色料。
一時的に白髪を隠せる便利な商品ですが、色落ちや色移りしないかが気になりますよね。

どのくらい色が落ちてしまうものなのか、ティッシュで擦って確認してみました。

試したのは、次の2つの状態の髪。

  1. 完全に乾いた髪
  2. 霧吹きで水気を付けた髪
キスミーフェルム白髪カバースティックの色落ち

結果はこの通り。
一目見てわかるように、ものすごーく色落ちします

リップクリームのような染料を塗りつけただけなので、仕方ないのかもしれませんね。

ウォータープルーフ処方というだけあって、乾いた状態よりも水気を付けた状態の方が色落ちしにくいというのは、面白いところです。
一般的な白髪かくしは逆で、水気を含むと色落ちしやすくなるのが普通なので。

どちらにしても、色落ちはかなりします。
手や衣服、帽子や枕への色移りしないよう要注意ですよ。

シマウマ
シマウマ
かなり色落ちしやすいです。
手でさわらない。ごろ寝や衣服の着脱での色移りにも要注意です。

ここがスゴイ!3つのメリット

OK実際に使って感じた、3つのメリットです。

  1. 使い方がわかりやすい
    リップや口紅のような形なので、使い方がすぐわかります。
    残量が少なくなったことが分かるのも良い点です。
  2. 白髪ケア用品に見えない
    一見、白髪かくしには見えません。
    白髪用品を持っていると周りに見られたくない人には嬉しい点ですね。
  3. 塗るときに周りを汚しにくい
    固形のスティック状なので、染料が飛び散ったりすることは少なく、周りを汚しにくいです。
シマウマ
シマウマ
仕上がりにはメリットを感じませんが、固形のスティックタイプは一部の間で人気がありますね。

注意点もあり!3つのデメリット

ダメ

デメリットも3つあります。

  1. 色落ち、色移りしやすい
    かなり色落ちします。
    色移りには、ほんとに気を付けてください。
  2. 独特な香り
    埃のような、鉛筆の芯のような匂いがします。
    人によるとは思いますが、私はすごく苦手です。
  3. 淡めの仕上がり、内側の白髪に色がつかない
    色づきは淡いです。色が付くのも表面の白髪だけ。
シマウマ
シマウマ
しっかり白髪を隠したいという人には向きません。

みんなの口コミ

30代女性
30代女性
スティックタイプを初めて使いましたが、色付きが淡いです。何度も押しつけて塗らないと色が付きません。力を入れすぎると皮膚についてしまいますし。
これまで使ってきたマスカラタイプの方がしっかり色が付くし、私には合っていたみたいです。
40代女性
40代女性
太目のリップのような形なので、生え際の白髪には使いやすいですが、ぴょんと飛び出た数本白髪には塗りにくいです。
40代女性
40代女性
色移りしやすいです。塗った髪を触ると染料が手について黒くなります。
手で触ることも多い前髪などには使えたものじゃありません。
50代女性
50代女性
分け目や生え際の白髪を簡単に隠せるので助かっています。
色合いは薄いので白髪を完全に隠すというより、自然に目立たなくさせるという感じです。

まとめ

フェルムスティックと評価レーダーチャート
参考価格1,100円(税抜)
内容量7.6g
01ダークブラウン02ナチュラルブラウン03ライトブラウン

キスミー フェルム 白髪カバースティックは、リップクリームのようなスティック状の白髪かくしです。

染料が固形なので、液だれしないという良さがあります。

ただ、クレヨンのようなものなので、髪に塗りやすくはありません。
何度も塗りつけて色が付いていくといった具合です。

色が付くにも表面の髪だけ。
色合いも淡く自然なので、しっかり色を付けたいという人には向きませんね。

スティックが太く、細かく塗るということができないので、1本単位の白髪を隠したいという用途にも向きません

髪の分け目や生え際、こめかみに使うのが適していると思いますね。

忘れてはいけないのが香り。
埃のような鉛筆の芯のような、どうにかできなかったの?と思うような、独特な匂いがします。
気になるかどうかは、意見が分かれるところだと思います。

 

今日だけ白髪をどうにかしたいという時に役立つ「キスミー フェルム 白髪カバースティック」ですが、これだけで白髪ケアしていくというのはちょっと無理があります。

髪を傷めず、白髪を継続ケアをしていくなら白髪染めトリートメントとの併用がおすすめですよ。

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレカラートリートメントの使い方・効果をレビュー!口コミもこのレビューを見れば全てがわかる!白髪サンプルを使用した染まり検証、メリット、デメリットなど、本音で辛口レビューしています。カラートリートメント業界初のオールインワンケアで髪の悩みをまとめて解決!...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプの使い方・効果を辛口レビュー!口コミもこのレビューを見れば全てがわかる!白髪サンプルを使用した染まり具合の写真、色落ち検証、使い勝手・使用感の評価、メリット、デメリットなど、本音で使い方・効果を辛口レビューしました。みんなの口コミも参考にしてください。「ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント」であなたの白髪の悩みを解決できるかも! ...

簡単染まるダメージ0
白髪染めシャンプー・トリートメント
根本、生え際、分け目の白髪対策にも!

イチオシの白髪染めトリートメント
黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る