50代男性の白髪染め!ダンディなオジサマになるために

50代男性

50代は世間的に言えば初老。やっぱり、若い頃とは違ってきます。
皺やシミ、白髪など、見た目の清潔感が失われてきます。
ちょっと汚らしくも見えてしまう、やるせない時期です。

でも何故なのか、ダンディさが増して魅力的になってくる男性もいます。
その違いはどこに?

シマウマ

シマウマ
いくつになっても、妻や子供から愛され、尊敬される男でい続けたい。
そう思う人は、この記事をご覧ください。

50代男性の白髪ケア

男性のマーク

50代ともなると、若い頃の髪色と髪のボリュームを保っている方は、かなり少なくなります。
白髪が増える方、薄毛になる方、はたまた両方の方など、はっきりと老いを感じる年齢です。

とはいえ、ダンディな魅力あるオジサマがいるのも事実。
その一握りの素敵な男性達は、自分自身のケアをしっかり行っています。

髪の状態は、見た目の印象を大きく左右します。
しっかり整えられていれば、清潔感があって小粋に、印象良く見えます。
逆に、怠っていると不潔、貧相に見られてしまうんです。

この歳になると重要になってくるのは、生まれながらのルックスではありません。
どれだけ自分自身のケアができるかです。
これ、とっても大切な点ですからね。

薄毛については自分でコントロールできるものではありません。
でも、白髪とヘアスタイルは違います。
自分で簡単にケアできるんです。やるか、やらないか、それだけです。

白髪をケアして、ヘアスタイルを整える。
同じ人でも、それだけで見た目の印象は大きく変わります。

見た目で軽んじられて、ぞんざいな扱いを受ける50代なんて嫌じゃないですか?
いつまでも、妻や子供からも尊敬される男性で行きましょう。

白髪ケアの選択肢

どちらにするか迷う女性白髪ケアの選択肢は、大きく次の2つです。

ご自身の髪の状態や、キャラクターを考えて選択しましょう。
結婚している方は、奥さんの意見も聞いてもいいですね。

選択肢A:オール白髪にする

髪が真っ白になる、選ばれた人にしかできないヘアスタイルです。
ダンディさが際立ちます。

大人の男性だからこそ似合う渋さ、カッコよさがあります。
白髪フェチという女性も一定数いるそうですよ。

選択肢B:白髪染めをする

白髪を染めて、若々しさを演出するスタイルです。
やっぱり、白髪が多いと見た目年齢が一気に上がってしまいます。

特にどうにかしたいのが、白髪混じり。
黒髪と白髪が混じった状態が一番汚らしく見える状態です。

綺麗に染めてしまうのが、老いを感じさせない正攻法です。
白髪の量や生え方に関係なく、誰にでもできて、万人に似合います。

ちなみに、稀に白髪が部分的にだけ生えるなど、かっこいい生え方をする人がいいます。
そういう人は、白髪を生かす(残す)染め方をしても、素敵だと思いますよ。

選択肢A:オール白髪にする方へ

白髪のダンディな男性薄毛になることもなく、白髪がたくさんあるという方は、天賦の才の持ち主とも言えます。

フサフサな白髪ヘアーはカッコよさ抜群です。
歳を重ねた男性にしかない、ダンディさが滲み出ることでしょう。

白髪の黄ばみを抑えるケアをして、魅力あるオール白髪を実現しましょう。
詳しくは、こちらをご覧ください。

白髪の美しい女性
白髪染めを止めて、 真っ白な白髪スタイルにしたい! 白髪の割合が増えてきて、そろそろ白髪染めを止めようかなぁとお考えの方も多いかと思います。...

選択肢B:白髪染めをする方へ

黒髪のダンディな男性

白髪染めにはたくさんの種類とカラー、商品があります。
いざ、白髪を染めようと思ってもどうしたらいいの?となってしまう人も多いです。

白髪染めの種類選び、カラー選び、商品選びと、順を追って説明していきますので、ご覧ください。

白髪染めの種類選び

白髪染めには種類があります。

染まりだけを求めるなら、白髪染めヘアカラー(ヘアダイ)で決まりです。
CMやお店でよく見る、一番メジャーな白髪染めです。こんなのです。

男性向けの白髪染めヘアカラーよく染まりますし、色持ちもいいです。
愛用者が多いのも頷けます。

でも、実は、髪と頭皮を傷めてしまうという見過ごせないデメリットがあるんですよ。

50代の髪は、加齢によって既に髪がパサパサしてしまっている状態です。
これ以上、痛めつけると切れ毛になってしまうことも。
頭皮へのダメージは、薄毛の進行を助長する恐れもあります。

50代男性には、髪と頭皮にダメージを与えないタイプの白髪染めが良いです。
具体的には、白髪用のカラートリートメントがおすすめです。

白髪用のカラートリートメントは、カラーリンス、カラーコンディショナー、白髪染めトリートメントとも呼ばれている商品です。

お店で見かける機会が多そうなのは、こんな商品ですね。

男性向けのカラーリンス徐々に染めるタイプなので、白髪染めヘアカラー程の即効性はありませんが、自然に白髪を染めていける点も魅力です。

カラー選び

次は、染めるカラーのお話を。

先に結論を言ってしまいますが、染めるカラーは、ブラック系にするのが鉄板です。

色合いについては、黒くしっかり染めると若々しい印象になりますし、少し薄めに染めてグレーっぽさを出すと自然な印象になります。
どちらがいいかは好みですね。色々試して決めてもいいと思います。

50代男性の場合、ブラウン系はできるだけ避けた方がよいでしょう。
特に、50代で明るめの茶色にしていると、どことなく軽薄な印象になってしまいます。
大人の魅力を感じにくいですし、ダンディさという点からも、ちょっとかけ離れてしまいます。

ブラウン系にしようと考えているなら、できるだけ濃いダークブラウン色にした方がよいと思いますよ。

商品選び

金メダル

白髪用のカラートリートメントには、たくさんの商品があります。

染まりや色持ち、カラー展開も様々。
商品によって性能差もかなりあります。

商品選びをしくじってしまうと、全然思ってたのと違う!なんてことに。

これまで数十種類以上の白髪用カラートリートメントを使ってきた経験から、目的別に商品を厳選して紹介します。

ブラックに染めるなら!

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメントと評価レーダーチャートルプルプは、白髪用カラートリートメントの大人気商品です。
白髪を染めるなら、これを選んでおけば間違いなしです。

染まり、色持ち、上品な仕上がりを求める人におすすめです。
育毛成分が配合されているのも嬉しいポイントです。

レビュー記事

 

グレーっぽく染めるなら!

花王リライズ 白髪用髪色サーバー

リライズ白髪用髪色サーバーと評価レーダーチャート着色成分は100%天然由来の黒髪メラニンだけという、花王の商品です。
グレーに染めるための「グレーアレンジ」というカラーがあります。

何がすごいって、色持ちがすごい。
染まりはゆっくりで、なかなか染まりません。
ちょっと不安になるかもしれませんが、継続して使ってみてください。

レビュー記事

ダークブラウンに染めるなら!

グローリン・ワンクロス

グローリンワンクロスと評価レーダーチャートシャンプーの代わりに使うだけという、かなり手軽な商品です。
毎日使う必要もないので、楽々です。

ここのブラックは、少しブラウン掛かった色味です。
ダークブラウンに染めたい人にもおすすめです。

レビュー記事

白髪染め、コレに決めた!

髪を傷めず
 しっかり染めたいという方には

茶色ならマイナチュレ
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントとは? 2018年3月1日 新発売の白髪用ヘアカラートリートメントです。 マイ...
迷ったらルプルプ
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントとは? Jコンテンツが販売する白髪用ヘアカラートリートメントです。 ルプルプ(LPL...

 

簡単染まるダメージ0

白髪染めシャンプー・トリートメント

根本、生え際、分け目の白髪対策にも

一押しの白髪シャンプー・トリートメント黒髪と白髪が混じっている「しまうまヘアー」のわたしが、白髪のないハリとコシのあるツヤ髪を目指して試行錯誤した結果、ここに辿り着きました。
現在・未来の「髪」と「頭皮」と「あなた」のために、一度ご覧ください。

ランキングを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

40代女性

10年後に差が出る!40代女性のための白髪染め

分岐点

30代男性の白髪染め選び!ここが運命を分ける分岐点

50台女性

50代女性の白髪染めは、染まりとボリュームを重視!

30台女性

今が肝心!30代女性にはトータルケアできる白髪染めを

未来への扉

20代男性にオススメの白髪染め!今も未来も考えた賢い選択

シニア

高齢者の白髪染めは、簡単・安全なものに見直しが必要